2016年5月5日木曜日

NuAns NEOの超適当なファーストインプレッション

NuAns NEOを1日弄って何となく感じた事を列挙してみる。
個人的感想と気のせいの部分が多いのであまり参考にならないかも。


【本体およびアクセサリ】
・画面の滑りが良くてタッチ感度は良好だった。

・バッテリーの持ちはそれほど悪くない。色々なアプリを常駐、同期させなければそれなり持ちそう。

・Quick Charge 2.0対応なので対応ACアダプタを持っていれば充電が早い。以前Xperia A4用に買っておいたACアダプタを使ったら急速充電出来た。

・ツートンのケースの隙間が気になる。テーブルのちょっとした水ですら浸水しそうで神経使う。あとツートンのケースとカメラレンズ回りも隙間がある。ここは遊びがないとはめ込むのが困難なためなのか?

・上端、下端のプラスチックがすぐ傷つきそう。特にUSB端子回りは充電時に引っかき傷付きやすいと思う。

・画面の両端が湾曲してるので保護シート貼るのは厳しそう。

・USB TypeCケーブルのコード部分がナイロン仕様になっていて巻き取りしやすい。TypeA側もどちら向きに挿してもOKなのは良い。

・PASMOを入れてみたものの、セカンド端末として使っていて本体を持って出かけるのを忘れる可能性があったので結局外した。これが本当に役に立つのはオートチャージ設定してる人だけかも。

・今更気づいたのはLEDのインジケータが無かった。これはまあどちらでもいいか。

【OSおよびソフトウェア】
・通知領域の各種設定ボタンは見やすくて使いやすい。

・APN設定があらかじめ用意されており、IIJmioを選んだらすぐに使えた。

・フリック入力のレスポンスが悪い時がある。

・ナビゲーションバーのバイブレーションのON/OFF設定がなくて強制的にONになっている。ググった限り以前はOFFだったらしい。
 →次のアップデート(V79)でON/OFF設定が入るとの事。

・通知領域にマナーモード設定ボタンが見当たらない。音量ボタンを押下してベルマークをタップしてバイブレーションをオンにすればいいらしい。

・フォントがカクカクしてて荒い。Microsoft EdgeでGoogle検索画面見た時はかなりひどい。


・何がバックグラウンドで動いてるのか分かりづらい。アプリはひとまとめになっているが、OSの同期機能の設定が点在している。

・主要アプリが少ないのは知っていたがやっぱり少ない。特にGoogleアプリが無いのがつらい。

・OneNoteでノートを開いたら游ゴシックのフォントが全部文字化けしていた。これは一時的なアプリの不具合か?

・スワイプで画面切り替えかと思ったらタップして切り替えないといけない場合がよくあった。これはAndroidに慣れ過ぎたせいか?それともWindowsMobileアプリが対応していないだけ?

・画像をOneDriveに共有でアップロードしたらファイルが無くて、再度試したらアップロード出来た。特にエラーになっていなかったが気のせいか?


他にもプリインストールアプリはあるが、まだ弄っていないので
今のところ感想はこれくらい。また気づいた事があれば書いていこうと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿