2015年7月22日水曜日

ELSA GTX750Ti S.A.Cを購入

Windows10がそろそろリリースされるのを機にGPUを換装しようと思い立ち、
とりあえずミドルレンジで、今より性能が上で、消費電力が低い物を探していたら、
ELSAのGTX750Ti S.A.Cという製品を見つけた。某アニメのタイトルみたいな
名前だが、ファンの口径が大きくて静音と謳っていたのでこれに決めた。

まずは箱がデカい。とにかく無駄にデカい。
中を見たらほとんど緩衝材のダンボールだった。


今まで使っていたELSAのGT240と大きさの比較。
横幅は同じだがGTX750Tiの方が縦にコンパクトだった。


厚さはご覧のとおり、GT240は1スロットに対してGTX750Tiは2スロットなので当然厚い。
でも思ってたよりは大分コンパクトだった。


PCケースはAntec SOLO(初代)だが、取り付けてみても結構余裕があった。
下にPCIスロットがあってサウンドボードを取り付けていたのでちょっと不安だったが
全く問題なかった。


まずはWindowsエクスペリエンスインデックスの値を比較してみる。
GT240は6.8となっていた。


GTX750Tiでは7.7と大きく性能が向上して値が7.7となった。
こうして見るとCPUの値が非力に感じてしまうが気にしない。


次にGPU-Zのスペック情報を載せてみる。上がGT240、下がGTX750Tiとなっている。
軒並み値が向上しているが、よく見たらPCI-Express 2.0 x 16となっていた。
ASRock B75 Pro3はPCI-Express 3.0となっていた気がしたが…。



静音と謳っていたのでセンサー情報も載せてみる。同じく上がGT240、下がGTX750Ti。
当然ながらファンの回転数が激減して、GPU温度は5℃下がっていた。
思っていた程ではなかったが、負荷をかけた時に差が出るかもしれない。




他にベンチマークソフトが沢山あるが、面倒なのでこれくらいにしておく。
最近のPCゲームをフルスクリーンのフルHDで実行するのは困難かもしれないが、
ウィンドウで縮小してHDくらいで実行する分には大丈夫だと思う。

最近XBOX360を手放して手元にゲーム機が無いので、何かPCで出来る
RPGゲームでも買ってみたくなった。

2 件のコメント:

  1. あまり動作が軽くはないですが「Witcher3」がおすすめです。1、2やってなくても十分面白かったです。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。Witcherはプレイした事ないので気になってます。必要スペックがCore i5となっていたのでCore i3 3220だと厳しそうですが。

      削除