2015年3月14日土曜日

フレッツ光を転用してIIJmioひかりに切り替えた

光コラボレーションモデルによって通信事業者が光回線の卸売りが可能となり、
各社からプロバイダーと光通信がセットになった通信サービスが始まった。
現在スマートフォンでIIJmioを使っており、また料金体系も分かりやすくて
割引額もそれなりだったので、フレッツ光を転用してIIJmioひかりに移転する事にした。
そこで移転するにあたっての簡単な過程と注意事項を以下にメモしておく。


【IIJmioひかりへの転用の過程】
(1)2015/2/28 フレッツ光の転用手続き
NTT東日本フレッツ光の転用サイトで手続きをして「転用承諾番号」を取得する。

・光アクセスサービスへの移行(転用)のお手続き
 https://flets.com/tenyou/

(2)2015/2/28 IIJmioひかり申し込み
IIJmioひかりの申し込みサイトから既設回線を転用して移転手続きをする。
その際、電話によるコンサルティングの日程を予約する。
手続きが完了するとPPPログイン名が記載されたメールが送られて来る。

・IIJmioひかり
 https://www.iijmio.jp/imh/

(3)2015/3/8 IIJmioコンサルティング
光プロビジョニングセンターという所から電話があり、IIJmioひかりに移転するに
あたっての注意事項、料金等の説明を受けて、回線設備切り替えの工事日を予約する。

(4)2015/3/14 IIJmio光回線設備切り替え工事と開通
光回線設備切り替え工事を行ってもらい、完了した後にルータの設定画面で
IIJmioひかりのPPPログイン名とパスワード(事前に自分で設定済み)を設定する。

(5)2015/3/14 旧プロバイダーを解約手続き
今月末をもって旧プロバイダーを解約する手続きを行う。


転用手続きから開通までおよそ半月かかったが、サービス開始直後で
混み合っていたにしては結構早かったと思う。4/30までに手続きすると
初期費用は無料となるので申し込むなら期間内の方がいいかもしれない。


【IIJmioひかりに関する注意事項】
以下にIIJmioひかりに転用するにあたって気になった点をピックアップする。

・フレッツ光を転用するとWebビリングは解約となる。
・フレッツ光を転用するとフレッツ光メンバーズクラブは解約となる。
・IIJmioひかりは1日あたり15GBで速度制限がかかる。
・回線設備切り替え工事費は一律2000円かかる。
・マンションハイスピード200Mbpsから1Gbpsへの切り替えは無料(マンションによるかも)。
・最低利用期間は24ヶ月で、その間に解約すると違約金5000円がかかる。
・一旦フレッツ光を転用するとフレッツ光に再転用する事は出来ない。


より詳しい注意事項はIIJmioひかりの公式サイトのFAQを参照。
最後にスピードテストを行った結果を参考に記載しておく。
テストにはSpeedtest.netとRadish Network Speed Testingを使用した。

【テスト環境】
・回線:IIJmioひかり マンションタイプ 1Gbps
・ルータ:NEC Aterm WR8300N 1Gbps有線接続
・場所:都内某区

【スピードテスト結果】
・Speedtest.net
 http://www.speedtest.net/


・速度測定システム Radish Networkspeed Testing
 http://netspeed.studio-radish.com/

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:IIJmioひかり マンションタイプ
プロバイダ:IIJmio
測定地:東京都
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:標準
下り回線
 速度:142.4Mbps (17.81MByte/sec) 測定品質:82.5
上り回線
 速度:291.6Mbps (36.45MByte/sec) 測定品質:79.7
測定者ホスト:***.***.**.***.dy.iij*u.or.jp
測定サーバー:東京-WebARENA
測定時刻:2015/3/14(Sat) 15:21
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================


理論値とはかけ離れているが、工事費なしで1Gbpsに変更出来て速度が
アップしたので本当にありがたい。ここまで速くて何するんだという感じではあるが、
早いに越した事はない。これからIIJmioひかりの加入者が増えていくと思うので、
速度維持は出来ないと思うが、何か気づいた点があったら経過を書こうと思う。

1 件のコメント:

  1. IIJmioひかりへの転用記事有難うございました。参考にさせて頂きました。

    私も先日、転用申し込みから宅内工事(マンション内のケーブル入れ替え)を終えて無事に転用が完了しました。
    IIJmioは良いサービスですが、唯一、工事前には簡単なメールのみ、フレッツの時のような「はじめの接続設定ガイド」みたいなものは一切送られず、始まったばかりでやむを得ませんが案内不足を感じました。
    ネットに詳しい人には不要でしょうが、今後もフレッツから初心者の転用者が増えると思われ、ちょっとしたことで躓くと進まないので、参考になればと手順を載せました。
    ※私の転用内容は以前のプレミアムからマンションタイプひかり電話付きで1Gネクストへ品目変更、宅内工事で三つの機器がホームゲートウェイ(ONU)型番PR-500M1ひとつとスッキリしました。

    ※NTTのホームゲートウェイ(ONU)付属のCD-ROMは使わない
    ①画面上部のURLに192.168.1.1を入力してENTERを押す。
    ②WINDOWSセキュリティー画面が現れる(192.168.1.1への接続)
     ※基本的にOSの種類に関係なく同じような画面
    ユーザー名にはuserと入力、
    パスワードは機器設定用パスワードで
    (1)宅内工事があれば工事業者が出荷状態のホームゲートウェイに設定しているので教えてくれている。OUN裏面にもシールを貼っているはずで、ONU装置番号(お客様ID) になっていることが多い。
    (2)工事なしで、自分でホームゲートウェイ接続をした場合は「機器設定用パスワード」もご自身で設定したはず。
    ③これらを入力すれば「WINDOWSセキュリティー画面」を通れてホームゲートウェイに
     アクセスできる状態となり、「プロバイダー設定画面」が現れる(設定ウィザード)。
     接続先名:IIJmio 
     接続先ユーザー名:imhから始まり@iij.ad.jpで終わるアドレス(会員ページで確認可)。
     接続先パスワード:IIJmioひかり申し込み時にご自身が任意に設定したパスワード。
     以上の3項目を入力すれば、次の画面が現れてメインセッションにIIJmio、接続中、
     常時接続、と表示されればネット接続完了。

    知っていると非常に簡単です。

    返信削除