2015年1月25日日曜日

CYPRIS(キプリス)のコードバンの財布を購入

今までWhitehouseCoxのブライドルレザーの財布を8年以上使い続けてきた。
主に尻ポケットに入れて使っていたため汚らしい風合いになっていたが、
とても愛着があって変えるにも変えられない状態でいた。

最近になって気分一新の意味も込めて買い換えようと思い立ち、手間のかかる
ブライドルレザーはやめて艶のあるコードバンの財布を探していた。
7年ほどCYPRIS(キプリス)の定期入れを使っていて今でも綺麗な状態を
保っており、また馴染みがあったため同じCYPRISから選ぶ事にした。

今回購入したのはコードバンとヌメ革を合わせた小銭入れ付きの財布で、
カラーはワインという少し赤みがかったダークブラウンの財布を選んだ。


外箱はとてもシンプル。


中身はもちろん財布のみ。


財布の外側はコードバン、内側はヌメ革となっている。
コードバンは艶があって結構硬い。指紋が少し気になるかもしれない。
ヌメ革は最初肌色っぽくナチュラル感溢れているが、年月を経ると良い色合いに
馴染んでくるらしい。(店頭の財布と新品を比較して色合いの違いを確認した。)


財布の下の部分。使い込むとこの辺りが破れたり裂けたりしてくるので注意したい。


横から見た感じでは多少厚みがある。使い込めば少し落ち着いてくるだろう。



やはり新しい物を手にすると嬉しい気持ちになる。これからどうやって馴染んでくれるのか
期待しつつ、また長く付き合っていける財布になって欲しい。今度は尻ポケットはやめて
大事に使おうと思う。


ちなみに8年以上使っていたWhitehouseCoxの財布はこちら。




擦り傷、革の破れ、ギュウギュウに詰め込んだ小銭やカード類の跡が付いて
汚い限りだが、定期的にブライドルレザー用のフードを塗っていたため
酷い劣化はしていない。その気になればまだまだ使えるが、これにてお役御免。
本当にお疲れ様でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿