2013年7月21日日曜日

SONYのBTヘッドセットSBH20を購入

SONYは5月にXperia ZRと同時にSBH50、SBH20というBTヘッドセットを発表した。
それが19日にようやく発売となって、どちらのモデルを購入しようか悩んだが、
音楽視聴がメインで、液晶画面で毎回曲名を確認する事もなく、シャッフル再生が
中心なので、液晶無しモデルのSBH20を購入する事にした。


外箱はこんな感じ。カラーはブラックを選んだ。


中身は本体、microUSBケーブル、充電器、インナーイヤーヘッドホン、説明書、
あとはイヤーピースの予備品が入っていた。


手持ちのHBH-DS205MK2(左)とSBH20(右)を比較した画像。
SBH20はiPod shuffleのようなサイズで結構小さく感じた。
プラスチック感丸出しなので安っぽい印象。


本体正面は「再生/停止」「戻る」「進む」の3ボタン構成。
音楽再生以外ではボタンは別機能に割り当てられているので説明書で要確認。


本体側面には電源スイッチ、音量ボタン、マイク、イヤホンジャック、microUSB端子が
配置されている。




イヤホンはおまけで付いてくるレベルの廉価イヤホンのようだ。
音質とか分からないので特に気にしない。


本体の電源を入れるとインジケータが青く点滅してペアリング待ち状態となる。


Xperia AのNFCを有効にしてSBH20を接触させるとペアリング許可のダイアログが
出るので、OKボタンを押してペアリングする。
2回目以降は接触させてもダイアログは表示されず自動的にペアリングされる。



ペアリング完了後はインジケータが黄色に点滅する。
後は通話なり音楽なり使用可能となる。


あと、電源アダプタが何故かSony Ericssonと表記されていた。
過去モデルの使いまわし?



Xperia AとSBH20を使用した音楽再生までの過程で気になった点などを挙げてみる。

・NFCを使ったペアリングが簡単で便利。
・NFCの接触ポイントが結構シビアで中々ペアリングできない。機種によるのだろうか?
・ボタン類が若干固めだがカチカチと反応するので押した感触が分かりやすい。
・「再生/停止」「戻る」「進む」ボタンの反応は良い。
・音量ボタンの音量範囲が7段階しかない。接続する機器側で微調整するしかない。
・本体裏面のピン止めがクリップ式でなく、服に挟む時に少々固く感じる。
・ペアリング完了後もLEDが点滅していて気になる。なぜ点灯じゃないのだろうか?


以上簡単に触れてみたが、液晶不要で操作が大雑把な人ならSBH20で十分だと思う。
機会があれば通話でも使ってみようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿