2013年3月27日水曜日

AppleIDの削除はかなり面倒くさい

Apple Developer Programの開発アカウントが不要となったので、
クレジット情報ごとAppleIDを削除してもらおうとAppleのサポート窓口に
申請しようとしたが、かなり面倒くさかったので経緯をメモしておく。


【AppleID削除までの経緯】
(1)開発アカウントのAppleID削除のサポート窓口が見当たらなかったので、Mac App Storeサポートに削除申請を出した。

(2)経緯(1)の後にiTunes Store & MacApp Storeアドバイザーから下記メールを受け取った。

iTunes と App Store のカスタマサポートチームでは、請求に関する問題、お客様のアカウント、ご購入になった音楽のダウンロードなどのご質問にのみ email でお答えしております。
今回お問い合わせいただきました件につきましては、デベロッパサポートまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。

デベロッパサポート お問い合わせ
https://developer.apple.com/jp/contact/

(3)経緯(2)のリンク先から再度削除申請を出した。

(4)Apple Developer Supportから突然電話がかかって来た。話した結果デベロッパーサポートからはAppleIDを削除出来ないので、iTunes Storeのサポートに削除申請を出すように言われた。

(5)経緯(4)の後に案内メールを受け取った。

Apple Developer Programにお返事をお送り頂き、ありがとうございます。

Apple IDを削除なさる場合、下記のURLよりご依頼下さいます様お願い申し上げます。

http://www.apple.com/jp/support/appleid/contact/

(6)経緯(5)のリンク先にAppleID削除のサポート窓口が見当たらなかったので、具体的にどこのリンクをたどればいいのか質問のメールを返信した。

(7)経緯(6)の後に案内メールを受け取った。

この度は、 Apple Developer Program Supportへお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

大変恐れいりますが、iTunes Storeカスタマーサポートまでご連絡頂きますようお願い致します。

http://www.apple.com/jp/support/itunes/

(8)経緯(7)のリンク先からiTunes StoreサポートにAppleIDの削除申請を出した。

(9)経緯(8)の後に案内メールを受け取った。

削除の手続きの前に、一点、ご注意いただきたいことがございます。

Apple IDを削除されますと、Apple ID およびパスワードの入力が必要なその他のアップル Web サイトへのログインも難しくなりますことをご了承ください。

以上をご理解いただいた上で、削除をご希望の場合は、誠に恐縮では御座いますが、引き続きお手伝いをするためには、セキュリティ上の理由により、お客さまから直接弊社のアカウントセキュリティチームに連絡をしていただく必要があります。

AppleCare 技術サポートチームに電話をして、アカウントセキュリティアドバイザーとお話しください。各国の電話番号は、以下のページに記載しています。

Apple サポートの連絡先
http://support.apple.com/kb/HE57?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

(10)経緯(9)のリンク先の電話問い合わせ窓口に連絡して、すべての項目にその他を選択した。

(11)オペレーターと繋がった後に「アカウントセキュリティアドバイザーと連絡したい」と伝えて、名前、AppleID等を聞かれて回答した。

(12)しばらく待ってアドバイザーと繋がった後に本人確認の手続きを行った。AppleIDを削除申請するために下記項目の中から2つを選択する。

・セキュリティの質問および回答
・所有しているApple製品の製品コード
・認証用コード(Web上から発行するワンタイムパスワード)
・AppleIDに登録されたクレジットカード情報

(12)セキュリティの質問および回答を選んだが、アドバイザー側で何故か確認が取れなかった。仕方なくこちらでMy AppleIDにログインしてダミーの質問&回答に更新して再度伝えたが、やはりアドバイザー側で確認が取れなくて、確認試行回数が制限オーバーとなり確認不可となった。

(13)実は既にApple製品を所有していなかったため、Apple製品の製品コードも確認できない状態だった。仕方なくクレジットカード情報で本人確認を取ろうとしたが、Apple Developer Program用のAppleIDにはクレジットカード情報は保持されていないため、アドバイザー側からiTunesをインストールして、クレジットカード情報を一旦登録するように促された。

(14)WindowsマシンにiTunesをインストールしてクレジットカード情報を登録した後、アドバイザー側でようやく確認が取れた。同時に認証用コードでの確認も問題なく済み本人確認が完了した。

(15)アドバイザーからiTunes Store担当にAppleIDの削除申請が出されて、無事AppleIDが削除された事を告げられた。


以上がAppleID削除までの経緯だった。
単に自分が分からなかっただけなのかもしれないが、AppleIDを削除するのに
これだけたらい回しされるとは思わなかった。事前にMy AppleIDのアカウント情報で
セキュリティの質問&回答はチェックしておくべきだったと反省した。


【2013/4/9 追記】
iOS Dev CenterからAppID(アプリケーションID)だけは削除できるようになったらしい。

■ iOS Provisioning Portalがついにリニューアル! とりあえずどんなものか | MUSHIKAGO APPS MEMO
http://mushikago.com/i/?p=2779


【2013/10/31 追記】
AppleIDが削除出来なくなっていた件について以下にエントリーを書いた。

http://hascha.blogspot.jp/2013/10/appleid.html

2 件のコメント:

  1. 体験談ありがとうございます。参考になりました。Appleは、製品はいいのにサポートは最悪ですよね。ちなみにiOS Dev Centerから削除できるようになったのはAppleIDではなく、AppID(アプリケーションID)です。自分が開発したアプリが、昔は登録削除できなかったのがやっと削除できるようになっただけのようです。

    返信削除
    返信
    1. 指摘ありがとうございます。AppIDの文言を追記させて頂きました。

      削除