2013年2月12日火曜日

Nexus7のドッキングステーションを購入

せっかく安い端末買ったのにアクセサリに金を費やすのが嫌だったが、
デスクに平置きだと邪魔だし、うまく立てかける物もないという事で、
結局純正のドッキングステーションを購入する事にした。


外箱はこんな感じ。意外と重い気が…。


本体の様子。前面はNexusロゴ、背面はmicroUSB端子、オーディオ出力端子、
ASUSロゴがある。ASUSロゴを前面に持ってこない控え目さが好印象だ。


裏面はゴム底になっているから滑らなくて安心。


ドックに挿して横から見た様子。結構後ろに倒れている感じだが、
台座が重い(約280gある)のでひっくり返る事はない。


ドックに挿した時に実行するDaydream(Android4.2の新機能)は、
[設定]-[ディスプレイ]-[スクリーンセーバー]から設定できる。
以下はFlipboardを設定して表示した時の様子。


簡単に感想を書くと以下の通り。

【良い点】
・充電が楽。
・置き場所をあまり取らない。
・Nexusロゴかっこいい。

【悪い点】
・値段が高い。
・本体が少し重い。
・ドックに挿してタッチ操作すると、タッチした時に毎回台座が浮いてしまう。

【おそらくこんな人にお勧め】
・カバーを装着せず常に裸の状態で使用している。
・充電時に毎回microUSBケーブルを接続するのが面倒くさい。
・microUSBケーブルの抜差しによる端子の劣化が不安。
・ドックに挿してYoutubeを垂れ流したり、フォトパネル等にしておきたい。

気軽に充電できるのは良いのだが、過充電によるバッテリの劣化が心配だ。
これについては調べても情報が出てこなかったので、心配な人は長時間
ドックに挿したままにしない方がいいと思う。

それにしても、アクセサリ代を考えたら32GBモデル買えたよなぁ…。

0 件のコメント:

コメントを投稿