2013年2月2日土曜日

どの電子書籍サービスを利用するか悩む

電子書籍サービスが色々あり過ぎてよく分からないので、
まずは電子書籍で何を読むか、どこの出版社を利用するか
検討してみた。まず読むジャンルは以下の通り。

【読むジャンル】
・プログラミング全般
・辞書、リファレンス
・技術系読み物
・雑誌、ムック(購入頻度低)

漫画、小説などは読まないので、上記の技術系を取り扱う
出版社を選択する事にした。複数の電子書籍サービスを
利用するつもりはなく、なるべくならDRMフリーが良いので、
書籍を購入する際の優先順位を以下の通りとした。

【書籍を購入する際の優先順位】
・基本的にはDRMフリーの書籍を購入
・DRMフリーで購入できない場合はKindleストアで購入
・上記で購入できない他の書籍は紙媒体で購入

技術系でDRMフリーの電子書籍を取り扱っている所は調べた
限りでは少なく、利用するとしたら下記の4つくらいだと思う。

【技術系のDRMフリー電子書籍を扱う出版社】
・オライリー
・達人出版会
・オーム社
・技術評論社


利用方法が固まったところで、実際に達人出版会で低価格の読み物を
購入する事にした。購入サイトでログインIDとパスワードを事前登録し、
クレジットカードで決済を行い、PDFファイルをダウンロードする。

以下はNexus7でPerfectViewerを使用して表示してみた状態。
達人出版会の電子書籍は全ページ下部に購入者のIDが表示される。


長時間読むのはつらいかと思うが、文字の大きさや液晶の明るさを
調節すれば快適に電子書籍が読めると思う。数年前には思いもしなかった
形態で本が読めると思うと、とても新鮮な気分になってくる。
これで読書の頻度が上がると良いのだが…。

0 件のコメント:

コメントを投稿