2013年2月15日金曜日

携帯電話の2台持ちで維持費を節約してみて

スマートホン1台で月々7千円くらいかけていた時期があったのだが、
単純にこれを2年間維持したら約17万円かかる。必要な時に必要なだけ
電話、メール、その他データ通信をしたとしても、これだけ金をかける事に
意味は無いし無駄だと思い始めてから、MVNOを利用する事が多くなった。

昨年12月からIIJmioを使い始めて2ヶ月半経って、なかなかうまく利用できる
ようになってきたので、現在の構成とメリット、デメリットを記録しておく。

【現在の構成】
・通話用
 使用機種:SO902i(古すぎる…)
 契約形態:NTTドコモ、バリュープラン(タイプSS、ひとりでも割)、eビリング
 月額料金:962円~

・メール、その他データ通信用
 使用機種:Xperia acro HD(SO-03D)
 契約形態:IIJmio ライトスタートプラン(1GB定額)、3G通信
 月額料金:1974円

【月額合計】
2936円~

【メリット】
・とりあえず維持費が安い。
・無料通話が付いてくる。
・3G通信だがそれなりの速度で利用できる。
・スマートホンのバッテリが切れても最悪通話だけは確保できる。

【デメリット】
・2台持つのでかさ張る。
・アドレス帳を2台別々に管理しないといけない。
・データ通信量に制限がある。(1GB超えても低速度で通信は可能)
・テザリングが出来ない。
・セルスタンバイ問題でバッテリ持ちが若干良くない。

【恐らくこんな人にお勧め】
・電話は待ち受けの方が多い。
・文字入力はスマートホンでフリック入力したい。
・GMail、その他Googleのサービスを利用している。
・ストリーミング動画等の大容量のパケット通信はしない。
・SNSやIP電話を度々利用する。
・テザリングしない。

上記はあくまで個人的用途で選択したプランであるが、この他にも
050plusを利用したり、MVNOの低速通信プランを利用すれば維持費は
更に抑えられる。

もちろん通話とメールだけで十分だと言う人は、スマートホンなんて
持たない方がもっと維持費は抑えられる。しかし、スマートホンの方が
色々なアプリがあってより快適に利用できる事が多いので、MVNOを
利用した携帯電話の2台持ちは良い選択肢だと思う。

浮いた金で交友費に使うなり、喫茶店に行くなり、参考書を買った方が
有意義ではないだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿