2012年12月1日土曜日

IIJmio ライトスタートプランに切り替えた

今までbmobile 1G定額で運用していたが、公称でフルスピードを謳っている割には遅くて、
意図的に回線絞っているのは?と疑う事が多かった。
そんな時に12/1からIIJmioでライトスタートプラン(1G定額制)が開始されるとの事で、
試しにIIJmioに申し込んでみる事にした。


事前にイオンネットスーパーで注文していたSIMカードだけが届いていたので、
本日通信回線の手続きを行って、早速スピードテストを実施してみた。

<スピードテスト結果>
Xperia acroHD(SO-03D)で都内某所にて定点測定を行った。
左がbmobile 1G定額(Android 2.3.7)、中央がbmobile 1G定額(Android 4.0.4)、
右がIIJmio ライトスタートプラン(Android 4.0.4)となっている。




Androidのバージョン、曜日、時間帯、接続サーバが異なっているのであてにならないが、
良い時では2Mbps弱は出ているようだ。まだサービス開始日なので、これから利用者が
増えていくと遅くなっていくと思う。
また、以下に気をつけておく点を挙げておく。

<気をつける点>
・初期手数料3150円が必要となる。
・最低契約期間は2ヶ月で、途中解約は違約金が発生する。
・クーポン残量がない状態(最大128kbpsの通信時)で、直近3日間の通信料が120MBを超えた時に通信速度制限を受ける。
・通信料の確認はIIJmioのホームページのみで確認出来る。確認するための公式アプリは用意されていない。
・2chは規制中で書き込めない。解除されてもすぐ規制されるらしい。
・Googleマップは再確認のために使用する程度にした方がいい。
・IP電話は回線の調子がよければ使えるかもしれない。
・まだ使って間もないので分からないが、bmobileと同じように回線切断、再接続を頻繁に繰り返してバッテリ持ちが悪くなると思う。詳しくは下記サイトを参照。

■ てくろぐ » アンテナピクト問題・セルスタンバイ問題とは何か
http://techlog.iij.ad.jp/archives/487

0 件のコメント:

コメントを投稿