2012年12月6日木曜日

Google Playのレビュー内容について思う事

以前からGoogle Playのレビュー内容は酷いと言われているが、
なぜこのような状況が出来上がってしまったのだろうか?
個人的に思い付いた事を挙げてみると、

・無料、高機能、使いやすい、動作が軽い等が当たり前だと思い込んでおり、期待にそぐわないと裏切られたと勝手に思い込んでいる。
・匿名で身元がバレないので、鬱憤を晴らす捌け口になっている。
・本当に糞アプリで痛い目に遭った。

と言った所だろうか。一概には言えないし、他にも多くの理由があるはずだが、
ほとんどはユーザーの過度な期待と過剰な要求が原因なのではないだろうか?


私事になるが、先日匿名の海外ユーザーから「更新が多過ぎなのはおかしい、
コードが悪すぎなのでは?」というレビューで低評価を頂いた。
正直これを見た時はガックリと来た。時間と労力を割いて無料、広告無し、
操作と設定はシンプルそのもので提供しているのだが、少しでも良くしようと
更新頻度が少し多くなっただけで文句をつけられる結果となった。
コードは決して良いものではないが、はっきり言って大きなお世話である。


他にも挙げたらキリが無いので省略するが、他のユーザーにも開発者にも
意味のある建設的なレビュー内容を心がけて書き込んで欲しいと願う。
これからはレビューの書き込みにGoogle+の参加が必須となったため、
うかつな事を書く人は減ると思う。しかし匿名であろうが実名であろうが、
他人が見ているという事を常に意識するのは大事だと思う。
(自戒の念も込めて)

0 件のコメント:

コメントを投稿