2012年11月27日火曜日

Xperia acro HD(SO-03D)をICSにアップデートした

au版のICSアップデートから遅れる事4ヶ月、ようやくドコモ版にも
アップデートが提供された。アップデートされたバージョンは
Android 4.0.4でau版と変わらない。

早速アップデートして、一通り設定して弄ってみたので
個人的用途の観点から感想を書いてみる。


【良くなった点】
・電源キー+ボリュームダウンキーでスクリーンショット撮影に対応

今までは電源キー長押ししてメニューボタンを押してスクリーンショットを
撮影していたが、ICSから電源キー+ボリュームダウンキーで撮れるようになった。
同じ側面にボタンがあるので、少しだけ押すのにコツが必要。

・不要なプリインストールアプリを無効化させる事が可能

主にドコモアプリを無効にさせる人がほとんどだと思うが、
一部のアプリは無効ボタンを押せないようにしている。

・DTCP-IP対応のDLNAプレイヤーでnasneのリアルタイム視聴&録画視聴に対応

Android 2.3では再生出来なかったnasneのコンテンツがDTCP-IP対応により
リアルタイム視聴と録画コンテンツの視聴が可能となった。

・Huluでストリーミング再生に対応

元々アプリの対応機種が限られて、Android 2.3の機種が切り捨てられていたが、
ICSアップデートによってストリーミング再生対応となった。

・端末の起動が早くなった

アップデート直後の起動では時間がかかっていたが、2度目以降の起動では
30秒くらいで立ち上がるようになった。

【悪くなった点】
・アプリによってメニュー表示がグリッド表示からリスト表示に変更された

アプリによってメニューボタンを押した時の表示形式が従来のグリッド表示から
グリッド表示またはリスト表示が混在するようになってしまった。
さらにアクションバーにメニュー項目を配置するアプリも出てきたため、
表示形式に統一性が無くなって使いづらくなった。

・スクリーンショット撮影時の音が大きい&共有が無くなった

以前より撮影時の音が大きくて焦る…。あと撮影した後に共有ボタンが無くなって、
別途画像ビューアアプリを起動して共有しないといけない。

【ちょっと気になる点】
・端末起動直後のメモリ消費が多くなった

Android OSの肥大化、プリインストールアプリによるものが大きいが
起動直後で使用可能メモリが300MBも残っていなかった。

・通知バーの各アプリで使用しているアイコンが小さく暗くなった

アプリで使用しているリソースの解像度が合っていないのか分からないが、
Android 2.3の時と同じアプリでもアイコンが小さくなっている。
しかもアイコンが暗くなってしまったため、通知バーにバッテリ容量を
表示してる人には視認性が非常に悪くなったと思う。

・設定メニューやXperiaホーム画面の動作が少し引っかかる

スクロールやスワイプが引っかかる時がある。Android 2.3でも同じような
感じではあったので、この辺りはあまり変わっていないのかもしれない。
ホームアプリをADWLauncher EXに変更して調整する事でスムーズに
動作するようになったが、メモリ使用量がさらに増えた…。


以上、簡単に感想を書いてみたが、基本的な部分は特に変わっていない。
アプリによってはバージョン別にレイアウトや機能が変わっているので、
使い勝手も変わっているが慣れれば問題ない。
Xperia acro HDはXperia AXとほぼ同じスペックと機能なので、LTEがまともに
使えるようになるまでは十分使っていける端末となるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿