2012年9月30日日曜日

nasneとDiXiM Digital TV plusを買ってみた

地デジ完全移行から1年経ってTVの価格が暴落している中、発売日前日に
初期不良を発生させてオリンピック商機を完全に逃してしまったnasneだが、
今更ながら購入する事にした。購入理由は以下の通り。

【購入理由】
・自宅ではPC前にいる事が多いので、PCで観れる環境を作りたかった。
・HDDレコーダを購入するよりは安価で場所も取らない。
・DLNAクライアントソフト(DTCP-IP対応)があればリアルタイム視聴が出来る。
・スマートホンでリモート録画予約が出来る。
・スマートホンで録画再生出来る。


以下、個人的用途の観点から動作確認した結果をメモしておく。

まず、届いた商品の外箱と中身はこんな感じ。


部屋に設置されているアンテナは地デジ/BS/CS混合なので、同軸ケーブル
1本だけで簡単に接続出来た。


nasneの電源を入れた後、最初にまずブラウザ経由でnasneの設定ページを開き、
システムアップデート等の設定をしておく必要がある。
購入時のソフトウェアバージョンは1.0だったので最新の1.51にアップデートした。

そしてあらかじめPCにインストールしておいた「DiXiM Digital TV plus」で
nasneに接続する。


適当に番組を選択するとすぐにリアルタイム視聴出来た。
タイムラグは特に気にならない。


今度はスマートホン(Xperia acroHD SO-03D)でAndroidアプリの
「S-Entrance for Android」からCHAN-TORUというWebアプリを
起動してリモート録画予約をしてみる。
(事前にnasneにスマートホンの機器設定をしておく必要がある。)

試しに適当に番組を録画予約する。


PCの「DiXiM Digital TV plus」で確認すると正しく録画されている。


次にスマートホンから録画番組を視聴したいのだが、2012年9末現在
Xperia acroHD SO-03DはDTCP-IPに対応したDLNAクライアントアプリが
提供されていない。Android4.0で対応するらしいがいつ提供されるのやら…。

試しにTwonky Beamというアプリで録画番組が観られるかどうか確認してみたが、
下記の通りエラーメッセージが表示されて観る事が出来なかった。


以上、簡単に動作確認してみたが、基本的な機能に関しては特に不都合がなかった。
ネットワークでのBDムーブには対応していないが、特にBDで残しておきたい番組も
ないので気にならない。基本的に観て消しなのでHDDの容量も問題ない。

ただ残念なのは、PCで利用する際に別途DLNAクライアントソフトを用意しなければ
ならない事で、これは同梱して用意しておいて欲しかった。
また、DiXiM Digital TV plusは恐ろしいくらいに使い勝手が悪く、複数の放送局の
番組を横表示にする事すら出来ず、時々ソフトウェアの応答がなくなる事がある。
サポート外の使い方だけに文句も言えないので、これも我慢するしかない。
そういえば既に所有しているBRAVIAはどうしよう…。


【2012/10/2追記】
ITmediaでタイムリーな記事を見つけたのでリンクを貼っておく。

■ PS3なしで使ってみよう:異色のハードディスクレコーダー、「nasne」を徹底検証
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1210/01/news128.html

【2012/11/28追記】
Xperia acroHD SO-03DがICSにアップデートされてDTCP-IP対応となり、
Connected deviceというアプリでリアルタイム視聴、録画視聴が可能となった。

【2013/1/9追記】
そういえばTwonky Beamでも録画視聴のみ可能となっていた。

【2013/1/23追記】
iOS版のTwonky Beam ver.3.3.5でリアルタイム視聴も可能となった。
ただし画面幅はまだ16:9に最適化されていない。

0 件のコメント:

コメントを投稿