2012年5月2日水曜日

Xperia acro HD(SO-03D)を購入

Xperiaの次期バージョンであるHayabusaなどのリーク情報が
出始める中、LTEまでの繋ぎとして普段常用している携帯を
新しいAndroid端末に機種変したいと考えていた。
購入条件は以下の通りで、少なくともXperia arc以上のスペックが欲しい。

【購入条件】
・AndroidかつFOMA端末
・おサイフ or NFCを付属
・Android4.0(あるいは対応予定)
・ROMは16GB以上
・RAMは1GB
・ディスプレイは4~4.3インチ

これなら先月購入したGalaxy Nexusでいいかもしれないが、
開発用途であり筐体が大き過ぎるので除外した。
やはりソニエリ&Xperia好きとしてはXperia acro HD(SO-03D)を
外せないという事で、早速ショップで金額を調べる。
いつものようにヨドバシで購入しようと考えたが、一括購入金額が
6万円以上になるので、もう少し安く購入するためにヤフオクで
白ロムを調べて4万円で落札した。
月々サポートが付かない分損しそうだが、1年間だけ使用すると
考えれば、それ程大差がないので深く考えない事にした。

そして届いたXperia acro HD(SO-03D)。


端末は新品同様なので外観は問題なし。
電源が入らないのではないかとヒヤヒヤした…。


docomo with seriesって…。


ROM容量不足の心配なし。


クレードル付属なので充電がとても楽。


ついでにmicroSDHCカードと保護カバーも購入した。
価格コムで上位かつ安かった32GB class4のmicroSDHCカードと
いつも購入しているレイアウト製のソフトカバー。
付属のSDカード2GBではやはり足りない。

・Transcend microSDHCカード 32GB Class4 変換アダプタ無し 永久保証 TS32GUSDC4
・レイ・アウト Xperia acro HD docomo SO-03D/au IS12S用ソフトジャケット


ちなみにソフトケース付きだとクレードルには入らないので、
毎回付け外しする必要があり若干面倒。
(クレードルで充電可能な極薄ハードカバーもあるらしい。)


Galaxy Nexusとの比較。どちらもソフトケースを装着済み。
Xperia acro HDは手に馴染む大きさと言える。


アプリを1時間ほど連続インストールしていて気付いたのだが、
裏面のバッテリが結構発熱しやすい。夏場の使用が少々心配だ。
サイドキーに関しては、深く押し込まないと押せないようになっており、
手に持った時に誤操作する事はほぼ無いと思う。
電源キーは他でも言われているように結構硬めで、片手で持って押す時に
力を入れないといけないのが面倒に感じる。

Xperia arcと比べて一番良かったと思えるのは、やはりROM容量だと思う。
実質200MBも空き容量が無かったのが一気に10GB以上増えるのだから
当たり前だが、この安心感は他に変えられない。

Android4.0対応は2012年7月頃を予定しているらしいので気長に待ちたい。


【2012/5/8追記】
電源キーは押し込む角度によって押しやすさが違うようだ。慣れの問題だと思う。

【2012/11/29追記】
11/27にICS(Android 4.0.4)のアップデートがようやく提供された。

0 件のコメント:

コメントを投稿