2012年5月3日木曜日

Xperia acro HDのROMが本体メモリーと内部ストレージに分かれている件

Xperia acro HDのアプリ一覧からストレージの空き容量を確認すると、
残りの容量が1.6GBと表示されていた。


ROM容量が16GBもあるのにどうしてだろう?と思って調べてみると、
今まで使用していたXperia arcとはストレージの構成が異なるようだ。
ストレージの内訳を見るとSDカード、USBストレージ(今回は無視)、
内部ストレージ、本体メモリーとなっている。


ここでSDカードも交えて関係を書くと以下のようになる。
(説明)、[ディレクトリパス]を示す。

【Xperia arcの場合】
・ROM → 内部ストレージ (デフォルトのアプリインストール先) [/system]
・SDカード → 外部ストレージ (アプリの移動先かつ音楽ファイル等データの保存先) [/mnt/sdcard]

【Xperia acro HDの場合】
・ROM
┣ 本体メモリー (デフォルトのアプリインストール先) [/system]
┗ 内部ストレージ (アプリの移動先) [/mnt/sdcard]
・SDカード → 外部ストレージ (音楽ファイル等データの保存先) [/mnt/sdcard/external_sd]

つまりXperia arcからXperia acro HDになって、アプリの移動先は
SDカードではなく、ROMの内部ストレージに変更されたという事になる。
そうなると本体メモリーが1.6GBしか空いていないので、容量の大きい
アプリをインストールして空き容量が不足した場合、内部ストレージに
逐一移動させないといけない事になる。(アプリが移動可能な場合のみ)
まさか/mnt/sdcardが内部ストレージを指しているなんて…。

Xperia arcの内部ストレージの空き容量が200MBにも満たなかった事を
考えれば全く問題ないと思う。しかしROMが16GBあるからと勘違いして
アプリをインストールしまくると、簡単に本体メモリーが容量不足に陥る。

カメラ画像の保存先がデフォルトで内部ストレージになっているので、
SDカードに保存したい人は設定から保存先を切り替える必要がある。
また、動画撮影の保存先はSDカードのみで選択ができない。

0 件のコメント:

コメントを投稿